大紀元時報

EU、中国の香港法制「深く懸念」 対中戦略厳格化で合意

2020年05月30日 07時00分
欧州連合(EU)の外相に当たるボレル外交安全保障上級代表は29日、中国全国人民代表大会(全人代)が反体制活動を禁じる「香港国家安全法」の導入を決定したことについて、EUは「深く懸念している」と述べ、EU外相理事会が対中戦略の厳格化で合意したことを明らかにした。26日撮影(2020年 ロイター/Olivier Hoslet)
欧州連合(EU)の外相に当たるボレル外交安全保障上級代表は29日、中国全国人民代表大会(全人代)が反体制活動を禁じる「香港国家安全法」の導入を決定したことについて、EUは「深く懸念している」と述べ、EU外相理事会が対中戦略の厳格化で合意したことを明らかにした。26日撮影(2020年 ロイター/Olivier Hoslet)

[ブリュッセル 29日 ロイター] - 欧州連合(EU)の外相に当たるボレル外交安全保障上級代表は29日、中国全国人民代表大会(全人代)が反体制活動を禁じる「香港国家安全法」の導入を決定したことについて、EUは「深く懸念している」と述べ、EU外相理事会が対中戦略の厳格化で合意したことを明らかにした。

ボレル上級代表はテレビ会議形式で実施された外相理事会後の記者会見で、香港国家安全法の導入は香港の高度の自治を認める「一国二制度」が阻害される「深刻なリスク」と指摘。「EUと中国の関係は相互の尊重と信頼に基づいているが、今回の決定はこれに疑問を呈するものだった」とし、「香港の自治は大幅に弱体化された」と述べた。

また、各国外相は中国が香港の自由を制限しようとしていることに「深刻な懸念」を示し、対中政策の厳格化で合意したと表明。「中国とオープンで率直な対話を行う必要があり、EUにはその用意がある」としながらも、市場アクセスなどを巡り「交渉は進展していない」と述べた。

各国政府はその後、ボレル上級代表の発言内容を反映した声明を発表。全人代の決定は「中国が国際的なコミットメントを順守するのか、一段と大きな疑問を呈するものだった」とした。英、米、オーストラリア、カナダの4カ国は28日、全人代の決定を非難する共同声明を発表している。

EUの執行機関である欧州委員会は来月、公開入札への中国のアクセスを制限する方法などに関するガイドラインを策定する見通し。また、9月14日にドイツのライプチヒで開催される予定のEU・中国首脳会議について、独外交筋は延期される可能性があると示唆。独政府報道官はこの件に関するコメントを控えている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^