大紀元時報

ロシア、新型コロナ治療でアビガン後発薬の投与開始 11日から

2020年06月02日 06時51分
ロシアで来週11日から、新型コロナウイルス感染症治療薬として抗インフルエンザ治療薬「アビガン」のジェネリック(後発薬)「アビファビル」の投与が始まると、ロシア直接投資基金幹部がロイターに明らかにした。モスクワで5月撮影(2019年 ロイター/MAXIM SHEMETOV)
ロシアで来週11日から、新型コロナウイルス感染症治療薬として抗インフルエンザ治療薬「アビガン」のジェネリック(後発薬)「アビファビル」の投与が始まると、ロシア直接投資基金幹部がロイターに明らかにした。モスクワで5月撮影(2019年 ロイター/MAXIM SHEMETOV)

[モスクワ 1日 ロイター] - ロシアで来週11日から、新型コロナウイルス感染症治療薬として抗インフルエンザ治療薬「アビガン」のジェネリック(後発薬)「アビファビル」の投与が始まると、ロシア直接投資基金(RDIF)幹部がロイターに明らかにした。

アビガンは富士フイルム富山化学が1990年代終盤に開発。RDIF幹部によると、アビファビルはロシアの科学者によって改良が加えられた。ロシア政府は2週間以内に改良に関する詳細を発表する用意を整えているという。

アビファビルの生産に携わる企業の生産能力は月間約6万人分という。

日本では、新型コロナ感染症治療でのアビガンの利用は承認されていない。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^