大紀元時報

米軍艦が台湾海峡通過、天安門事件から31年の4日に

2020年06月05日 12時01分

[台北 5日 ロイター] - 中国の民主化運動が武力弾圧された1989年の天安門事件から31年を迎えた4日、米軍艦が台湾と中国を隔てる台湾海峡を通過した。台湾国防部(国防省)と米軍が5日、明らかにした。

台湾国防部は、米軍艦が台湾海峡を南に向かって通過したと発表。航行は「通常の任務」だと説明し、台湾軍が監視したとしたが、これ以上の詳細には言及していない。

米太平洋艦隊のフェイスブックへの投稿によると、同海峡を航行したのは米海軍のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の「ラッセル」。

米軍艦の台湾海峡通過はここ数カ月で増えており、新型コロナウイルスや貿易、人権などを巡り対立する米中間の緊張を一層高めている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^