大紀元時報

トランプ米大統領、ドイツ駐留軍の縮小指示=当局者

2020年06月06日 15時11分

[バンゴー(米メイン州) 5日 ロイター] - トランプ米大統領はドイツに駐留している米軍3万4500人のうち約9500人を減らすよう指示した。複数の政府当局者が5日、明らかにした。

トランプ氏の指示通りに縮小すれば、ドイツ駐留の米軍は約2万5000人になり、米国の欧州防衛に対するコミットメントを巡る懸念が高まる可能性がある。

当局者は、縮小は米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長がこれまで検討してきたことで、トランプ大統領とドイツのメルケル首相との間の緊張の高まりに関連するものではないと述べた。

別の当局者は、米国が主導する北大西洋条約機構(NATO)同盟による防衛費増強でドイツに大規模な部隊を駐留させる必要性は低下していると指摘。ドイツから撤退する9500人の米軍兵士は一部がポーランドなど別の国に派遣され、一部は帰国するとした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^