大紀元時報

韓国地裁、サムスングループトップの逮捕状請求を棄却

2020年06月09日 08時13分
韓国のソウル中央地裁は9日、サムスングループ経営トップの李在鎔(左)サムスン電子副会長の逮捕状請求を棄却した。8日撮影(2019年 ロイター/KIM HONG-JI)
韓国のソウル中央地裁は9日、サムスングループ経営トップの李在鎔(左)サムスン電子副会長の逮捕状請求を棄却した。8日撮影(2019年 ロイター/KIM HONG-JI)

[ソウル 9日 ロイター] - 韓国のソウル中央地裁は9日、サムスングループ経営トップの李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の逮捕状請求を棄却した。

韓国検察当局は4日、李副会長の逮捕状を請求したと発表。経営権継承を確実にする狙いがあったとされる2015年のグループ内2社の合併と不正会計疑惑について調査を進めていた。

ソウル中央地裁は声明で「検察はかなりの証拠を集めたようだが、李氏の身柄を拘束する正当性を説明するには十分ではなかった」とした。

この件についてサムスンからコメントは得られていない。

検察は逮捕状を再度請求する可能性があるが、逮捕せずに李氏の裁判が開始される可能性もある。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^