大紀元時報

イラン海運網への米制裁発動、大量破壊兵器の輸送関与で

2020年06月09日 08時12分

[ワシントン 8日 ロイター] - イランの海運網に課された米制裁が8日、発動した。米国は昨年12月、大量破壊兵器の輸送に関与したとしてイランの航空会社と海運会社を制裁対象に指定していた。

ポンペオ国務長官は声明で、海運業界や政府当局などに対し、イラン国営海運会社IRISLおよび上海を拠点とするその子会社と取引を行う場合、米制裁を受ける恐れがあると警告した。

声明では、昨年12月の制裁対象指定から発動まで時間が空いたことについて、イランに人道物資を輸出する業者に対し他の輸送手段を見つける猶予を与えたためとした。

ポンペオ長官はまた、世界各国の政府に対し、自国の港や海域での海運業者の活動を調査し、大量破壊兵器の輸送に関する活動の停止に向けた適切な措置を講じるよう要請した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^