大紀元時報

中南米の一部でコロナ感染者が「飛躍的」に増加=米州WHO

2020年06月10日 07時26分
世界保健機関(WHO)の米州事務局である汎米保健機構(PAHO)のエティエンヌ事務局長は9日、中南米の一部で新型コロナウイルス感染者が「飛躍的」に増加しているとして注意を促した。コスタリカ・サンホセで無料配給に並ぶ市民ら。4月撮影(2019年 ロイター/JUAN CARLOS ULATE)
世界保健機関(WHO)の米州事務局である汎米保健機構(PAHO)のエティエンヌ事務局長は9日、中南米の一部で新型コロナウイルス感染者が「飛躍的」に増加しているとして注意を促した。コスタリカ・サンホセで無料配給に並ぶ市民ら。4月撮影(2019年 ロイター/JUAN CARLOS ULATE)

[9日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)の米州事務局である汎米保健機構(PAHO)のエティエンヌ事務局長は9日、中南米の一部で新型コロナウイルス感染者が「飛躍的」に増加しているとして注意を促した。

感染が拡大しているのはメキシコ、パナマ、コスタリカ、ブラジル、ペルー、チリ、ベネズエラ、ハイチ、スリナムなどの国で、米州の感染者数は8日時点で約330万人と世界全体のほぼ半分を占めるという。

エティエンヌ局長は、ワクチンなどが開発されるまでは社会的距離の確保や試験、接触者の追跡などを組み合わせて行うことが重要とし、「さもないと対策の効果は限られ、感染者が再び増加する事態を招きかねない」と警告した。

ブラジルについては、社会的距離に関してWHOの方針に従っていないものの、支援を継続すると確認した。サンパウロ州ではこの日、コロナ死者数が334人と過去最悪を記録。累積の死者数は9522人に達した。感染者数は15万0138人。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^