大紀元時報

香港問題、G7での共同声明をリードしたい=安倍首相

2020年06月10日 12時26分
安倍晋三首相は10日午前の衆議院予算委員会で、香港問題に関して、主要7カ国(G7)での共同声明発出を日本がリードしたいとの考えを示した。写真は5月25日、東京で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)
安倍晋三首相は10日午前の衆議院予算委員会で、香港問題に関して、主要7カ国(G7)での共同声明発出を日本がリードしたいとの考えを示した。写真は5月25日、東京で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 10日 ロイター] - 安倍晋三首相は10日午前の衆議院予算委員会で、香港問題に関して、主要7カ国(G7)での共同声明発出を日本がリードしたいとの考えを示した。

玉木雄一郎委員(立国社)の質問に答えた。

安倍首相は、中国が香港への「国家安全法制」の導入を決めたことについて、日本として憂慮を表明している、とした上で、「日本がG7の中で声明を発出していくという考え方のもとにリードしていきたい」と語った。

 

 

(石田仁志)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^