大紀元時報

チェコ上院議長、9月台湾訪問へ「中国の反対で決意固めた」

2020年06月10日 18時25分
チェコのミロシュ・ビストルジル上院議長。3月19日議会場で撮影(facebookページより)
チェコのミロシュ・ビストルジル上院議長。3月19日議会場で撮影(facebookページより)

中国当局がチェコの政界に影響力を強める中、チェコのミロシュ・ビストルジル(Miloš Vystrčil)上院議長は6月9日、9月初めに台湾を訪問すると発表した。実現すれば、同国の現職の議長が台湾を訪ねるのは初めて。

ビストルジル上院議長は、台湾立法院(国会)の游錫堃議長の招きを受けて、8月30日から9月5日までの日程で台湾訪問すると明らかにした。訪問団は上院議員のほかに、チェコ経済界などの代表者も同行する。

今年1月、翌月に訪台予定を控えるヤロスラフ・クベラ(Jaroslav Kubera)前上院議長が急死した。同氏の妻は4月27日、チェコメディアに対して、中国大使館が前議長に訪台を止めるよう脅迫したと明かし、前議長は中国側の圧力で体調を崩し亡くなったと告発した。

ビストルジル議長は、クベラ氏の死去を受けて、今年2月に後任に選出された。6月6日に発売されたチェコ誌「Reflex」によれば、議長は中国当局から強く反対されたが、かえって訪台の決心が強くなったと語った。

チェコ上院は5月20日、賛成50票、反対1票で、議長の訪台計画を支持する決議案を可決した。

台湾外務省は声明で、ビストルジル上院議長の来訪を「心から歓迎する」とした。

(翻訳編集・張哲)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^