大紀元時報

イージスアショアの配備プロセスを停止=河野防衛相

2020年06月15日 18時00分
6月15日、河野太郎防衛相は、政府が秋田県や山口県に配備する計画で準備を進めていた陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備プロセスを停止すると発表した。写真は2019年9月、都内で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)
6月15日、河野太郎防衛相は、政府が秋田県や山口県に配備する計画で準備を進めていた陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備プロセスを停止すると発表した。写真は2019年9月、都内で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 15日 ロイター] - 河野太郎防衛相は15日、政府が秋田県や山口県に配備する計画で準備を進めていた陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備プロセスを停止すると発表した。

記者団に語った。

河野防衛相は、停止の理由について、コストや配備の期間を考えれば、合理的でないと判断せざるを得ないと説明。今後については国家安全保障会議(NSC)に報告し、その上で対応を考えていくことになるとした。

また、当面はイージス・アショア導入に代わり、イージス艦でミサイル防衛の対処を行うと語った。

 

(石田仁志)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^