大紀元時報

ブラジルの新型コロナ死者4.4万人に迫る、米に次ぎ2番目の多さ

2020年06月16日 10時59分
6月15日、ブラジルで新型コロナウイルス感染症による死者が4万4000人に迫っている。感染者、死者ともに米国に次いで世界で2番目に多い水準になったにもかかわらず、多くの州や都市では引き続き行動制限の緩和が進められている。写真はリオデジャネイロのドライブスルー式検査施設(2020年 ロイター/Ricardo Moraes)
6月15日、ブラジルで新型コロナウイルス感染症による死者が4万4000人に迫っている。感染者、死者ともに米国に次いで世界で2番目に多い水準になったにもかかわらず、多くの州や都市では引き続き行動制限の緩和が進められている。写真はリオデジャネイロのドライブスルー式検査施設(2020年 ロイター/Ricardo Moraes)

[リオデジャネイロ 15日 ロイター] - ブラジルで新型コロナウイルス感染症による死者が4万4000人に迫っている。感染者、死者ともに米国に次いで世界で2番目に多い水準になったにもかかわらず、多くの州や都市では引き続き行動制限の緩和が進められている。

保健省の発表によると、15日に報告された死者は627人と、ここ1週間の平均(約1000人)を下回った。死者数は週末に減少する傾向がある。

新規感染者は約2万人。累計の感染者数は88万8271人、死者数は4万3959人となった。

世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は15日、中南米の状況は依然として憂慮すべきと指摘。ブラジルだけでなく、メキシコやチリなど多くの国でこれまでに多数が感染し、感染拡大は今も続いているとして懸念を示した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^