大紀元時報

新型コロナ、東京都の抗体保有率は0.10%=厚生労働省

2020年06月16日 10時59分
厚生労働省は16日、新型コロナウイルスの抗体保有調査を実施した結果、東京都の抗体保有率が0.10%だったと公表した。写真は4月8日、東京で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)
厚生労働省は16日、新型コロナウイルスの抗体保有調査を実施した結果、東京都の抗体保有率が0.10%だったと公表した。写真は4月8日、東京で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 16日 ロイター] - 厚生労働省は16日、新型コロナウイルスの抗体保有調査を実施した結果、東京都の抗体保有率が0.10%だったと公表した。

調査は東京都、大阪府、宮城県を対象に6月第1週に実施。大阪府の抗体保有率は0.17%、宮城県は0.03%だった。

調査対象者は東京都が1971人、大阪府が2970人、宮城県が3009人。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^