大紀元時報

台湾、22日から入境規制を緩和 低リスク国のビジネス客受け入れ

2020年06月18日 08時24分
6月17日、台湾は、来週から新型コロナウィルス対応での入境規制を緩和すると発表した。写真は台北の空港で8日撮影(2020年 ロイター/Ann Wang)
6月17日、台湾は、来週から新型コロナウィルス対応での入境規制を緩和すると発表した。写真は台北の空港で8日撮影(2020年 ロイター/Ann Wang)

[台北 17日 ロイター] - 台湾は17日、来週から新型コロナウィルス対応での入境規制を緩和すると発表した。

台湾では保健当局の迅速な対応で感染は抑制されており、全面的なロックダウンには至らなかった。現在では生活面での規制はほぼ撤廃、3月半ばから続く他国からの入境規制が残っていた。

中央感染症指揮センター(CECC)によると、22日からニュージーランド、オーストラリア、ベトナム、タイなど感染リスクの低い国からのビジネス客の入境が可能となる。またリスクが中-低程度と判断した韓国、日本、マレーシア、シンガポール、香港、マカオからも認める。

入境する際は、感染していないことを確認する検査結果や滞在先、招へいした企業などを告知させる。14日間の検疫が必要だが、費用を自己負担して検査を受けネガティブとなった場合はその期間の短縮も可能だ。

台湾ではこれまでに445例の感染を確認。大半は海外での感染で、死者は7人となっている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^