大紀元時報

香港問題でのG7外相声明を評価、中国への重大な懸念明確化=官房長官

2020年06月18日 13時34分
6月18日、菅義偉官房長官(写真)は午前の会見で、先進7カ国(G7)外相が中国による香港への国家安全法制導入に関して共同声明を発表したことについて、中国政府に対する「重大な懸念」を明確化できたことを高く評価すると述べた。写真は都内で昨年9月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)
6月18日、菅義偉官房長官(写真)は午前の会見で、先進7カ国(G7)外相が中国による香港への国家安全法制導入に関して共同声明を発表したことについて、中国政府に対する「重大な懸念」を明確化できたことを高く評価すると述べた。写真は都内で昨年9月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 18日 ロイター] - 菅義偉官房長官は18日午前の会見で、先進7カ国(G7)外相が中国による香港への国家安全法制導入に関して共同声明を発表したことについて、中国政府に対する「重大な懸念」を明確化できたことを高く評価すると述べた。その上で、香港を巡る関係国と連携して対応していきたいとの見方を示した。

一方で「日中両国は、国際的課題に共に取り組むパートナーでもある」とも述べ、日中間のさまざまな懸案を一つずつ解決し、中国から前向きな対応を引き出していきたいとする従来からの考え方を繰り返した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^