大紀元時報

豪住宅物件、5月の中国からの問い合わせが3年ぶり低水準=調査

2020年06月18日 17時28分

[シドニー 18日 ロイター] - 国際的な不動産情報サイト「居外IQI」によると、オーストラリアの住宅物件購入に関する中国からの問い合わせが5月に約3年ぶりの水準に落ち込んだ。

両国関係悪化の影響が住宅市場にまで及んできた可能性がある。

居外IQIのデータによると、5月の問い合わせは4月から65%以上減少した。オーストラリアでは相対的に早く新型コロナの感染が収束しており、4月は問い合わせが急増していた。

オーストラリア政府は、新型コロナの感染源に関する調査を要求し、中国との関係が悪化している。

住宅市場は近年、オーストラリア経済を支える柱となっており、中国勢の関心低下が続けば、市場が打撃を受ける恐れもある。

5月の問い合わせ減少を受けて、中国はオーストラリアの不動産投資で米国、カナダに次ぐ3位に後退した。

エコノミストの間では、両国関係の緊張がいずれ緩和し、オーストラリア経済にそれほど大きな影響は出ないとの見方が多いが、先行きは不透明でリスク要因の1つになるとみられている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^