大紀元時報

北朝鮮は「異例」の脅威、警戒必要=米国防次官補代行

2020年06月19日 07時23分
米国防総省のデビッド・ヘルビー次官補代行は18日、北朝鮮のここ数日の行動はアジア太平洋地域に対する「異例」の脅威となっており、警戒する必要があるとの考えを示した。写真は韓国・坡州から17日撮影した北朝鮮領内(2019年 ロイター/KIM HONG-JI)
米国防総省のデビッド・ヘルビー次官補代行は18日、北朝鮮のここ数日の行動はアジア太平洋地域に対する「異例」の脅威となっており、警戒する必要があるとの考えを示した。写真は韓国・坡州から17日撮影した北朝鮮領内(2019年 ロイター/KIM HONG-JI)

[ワシントン 18日 ロイター] - 米国防総省のデビッド・ヘルビー次官補代行は18日、北朝鮮のここ数日の行動はアジア太平洋地域に対する「異例」の脅威となっており、警戒する必要があるとの考えを示した。

北朝鮮は16日、開城(ケソン)にある南北共同連絡事務所を爆破したと発表。北朝鮮は韓国の脱北者団体のビラ散布を受け態度を硬化させており、同日、朝鮮中央通信社(KCNA)を通じて、ビラ散布を続ければ、北朝鮮軍には行動を取る用意があると表明した。

アジア太平洋戦略を担うヘルビー氏は記者団に対し、北朝鮮が今後どのような行動に出るか予見することは難しいとし、「北朝鮮は地域に対する異例の脅威となっており、引き続き警戒する必要がある」と述べた。

北朝鮮は先週、米国に対し、11月3日の大統領選挙を円滑に行いたければ、南北朝鮮問題にコメントしないよう警告。北朝鮮が核・長距離ミサイル実験を再開する懸念が出ている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^