大紀元時報

複数の中国軍機、台湾の防空識別圏に侵入 爆撃機も=台湾軍

2020年06月23日 06時21分
6月22日、台湾軍は複数の中国軍機が同日、台湾南西部の防空識別圏に一時的に入ったと発表した。台湾軍機による警告を受け飛び去ったという。写真は中国の国旗。北京で2019年5月撮影(2020年 ロイター/Jason Lee)
6月22日、台湾軍は複数の中国軍機が同日、台湾南西部の防空識別圏に一時的に入ったと発表した。台湾軍機による警告を受け飛び去ったという。写真は中国の国旗。北京で2019年5月撮影(2020年 ロイター/Jason Lee)

[台湾 22日 ロイター] - 台湾軍は22日、複数の中国軍機が同日、台湾南西部の防空識別圏に一時的に入ったと発表した。台湾軍機による警告を受け飛び去ったという。過去2週間で8回目となる。

台湾空軍によると、中国の爆撃機H6や戦闘機J10などが防空識別圏に入った。合計で何機が飛来したかは明らかにしていない。

台湾の蔡英文総統は22日、台湾で設計・生産された最新鋭ジェット練習機の初の公開試験飛行を視察。中国が軍の近代化を強化する中、蔡総統は台湾の防衛産業発展を優先課題に掲げている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^