大紀元時報

中印、係争地で対峙する軍の撤退で合意

2020年06月23日 19時54分
6月23日、インドと中国の軍司令官は、両軍が先週衝突した係争地で対峙している軍を撤退させることで合意した。 写真はインドと中国の国境係争地ガルワン渓谷の衛星写真。16日撮影(2020年 ロイター/PLANET LABS INC)
6月23日、インドと中国の軍司令官は、両軍が先週衝突した係争地で対峙している軍を撤退させることで合意した。 写真はインドと中国の国境係争地ガルワン渓谷の衛星写真。16日撮影(2020年 ロイター/PLANET LABS INC)

[ニューデリー/北京 23日 ロイター] - インドと中国の軍司令官は、両軍が先週衝突した係争地で対峙している軍を撤退させることで合意した。インド政府筋が23日に明らかにした。

一方、中国外務省の趙立堅報道官は、双方が緊張緩和措置を取ることで合意したと表明した。

インド政府筋は、22日に両国の軍司令官が長時間にわたって行った協議の結果について「撤退に向けた相互コンセンサスがあった」と説明。「ラダック東部のあらゆる係争地域からの撤退方式が話し合われた。双方が撤退を進めるだろう」と述べた。

また、趙報道官は、両軍の衝突で中国側の犠牲者が40人だったとする最近のメディア報道について「フェイクニュース」だと述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^