大紀元時報

繁華街に加え職場でも感染増、きょうはかなりの数に=小池都知事

2020年06月24日 17時46分
6月24日、東京都の小池百合子知事(写真)は、都内での新型コロナウイルスの感染状況について、夜の繁華街での感染者が10人超確認されている上、職場内での感染も増えているとし、きょうの感染者数は「かなりの数字」になると明らかにした。写真は都内で4月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)
6月24日、東京都の小池百合子知事(写真)は、都内での新型コロナウイルスの感染状況について、夜の繁華街での感染者が10人超確認されている上、職場内での感染も増えているとし、きょうの感染者数は「かなりの数字」になると明らかにした。写真は都内で4月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 24日 ロイター] - 東京都の小池百合子知事は24日、都内での新型コロナウイルスの感染状況について、夜の繁華街での感染者が10人超確認されている上、職場内での感染も増えているとし、きょうの感染者数は「かなりの数字」になると明らかにした。都庁で記者団に語った。

小池都知事は「このところ、職場内のクラスターが大変問題になっている。同じ職場から合わせて7人出ている」と説明。その上で「同じところから、きょうの検査でかなりの(感染者の)数が出てくるということが現時点で分かっている」と述べた。新宿の繁華街の関係者への集団検査でも2桁の感染が確認されており、「これを合計すると、きょう(判明する感染者は)かなりの数になる」と述べた。

職場内での感染増加については「職場もクラスターになるということを教えてくれる事案だと思っている。新しい日常、オフィスのあり方をあらためて確認して欲しい」と語った。

*内容を追加しました。

 

(田中志保)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^