大紀元時報

米連邦控訴裁、フリン元大統領補佐官の起訴を撤回すべきと判断

2020年06月25日 15時12分
6月24日、米首都ワシントンの連邦控訴裁は、マイケル・フリン元大統領補佐官(写真)の起訴撤回を連邦地裁に命じる判決を下した。2018年12月撮影(2020年 ロイター/Joshua Roberts)
6月24日、米首都ワシントンの連邦控訴裁は、マイケル・フリン元大統領補佐官(写真)の起訴撤回を連邦地裁に命じる判決を下した。2018年12月撮影(2020年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 24日 ロイター] - 米首都ワシントンの連邦控訴裁は24日、マイケル・フリン元大統領補佐官の起訴撤回を連邦地裁に命じる判決を下した。同氏は米大統領選を巡るロシア疑惑に絡み、連邦捜査局(FBI)に虚偽証言したとして起訴されていた。

これに対し民主党の反発は必至とみられ、関係筋によると原告側が上訴する可能性が高いという。

トランプ大統領は控訴裁の判決を歓迎。ホワイトハウスで記者団に「極めて喜ばしい。フリン元補佐官は不当に扱われてきた」と語った。

フリン元補佐官は2017年、トランプ大統領の就任前に当時の駐米ロシア大使と接触したことを巡りFBIに偽証したとして、2度の有罪判決を受けた。その後、検察側の策略に陥って罪を認めたと訴え、起訴を撤回するよう求めていた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^