大紀元時報

米議員団、ディズニーに質問状 新疆で撮影の「ムーラン」めぐり

2020年09月14日 09時33分
米議会の超党派議員団は9月11日、中国新疆ウイグル自治区で一部が撮影され議論を呼んでいる米ウォルト・ディズニー<DIS.N>の映画「ムーラン」をめぐり、同社と中国当局との関係を問う書簡をチャペク最高経営責任者(CEO)に送った。写真はムーランの宣伝が表示されたスクリーン。北京で撮影(2020年 ロイター/Florence Lo)
米議会の超党派議員団は9月11日、中国新疆ウイグル自治区で一部が撮影され議論を呼んでいる米ウォルト・ディズニー<DIS.N>の映画「ムーラン」をめぐり、同社と中国当局との関係を問う書簡をチャペク最高経営責任者(CEO)に送った。写真はムーランの宣伝が表示されたスクリーン。北京で撮影(2020年 ロイター/Florence Lo)

[12日 ロイター] - 米議会の超党派議員団は11日、中国新疆ウイグル自治区で一部が撮影され議論を呼んでいる米ウォルト・ディズニー<DIS.N>の映画「ムーラン」をめぐり、同社と中国当局との関係を問う書簡をチャペク最高経営責任者(CEO)に送った。

同自治区ではウイグル族らを当局が弾圧しているとして、米国など各国政府や人権団体が批判している。

書簡は「残虐行為もしくはその隠蔽(いんぺい)の最大の責任者である中国当局者とディズニーが協力したとみられることを深く憂慮している」と表明。

地元の治安・宣伝部門の協力を得て撮影するのは「ジェノサイド(大虐殺)と認定されかねない犯罪の加害者に暗黙の正当性を与える」として、詳細な説明を求めた。

ディズニー側はコメント要請に応じていない。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^