大紀元時報

山東省の公務員、同僚らに2年間「メス豚用ホルモン剤」投与、職場に強い不満

2020年10月30日 17時28分
薬局に並ぶ薬品。イメージ写真(Joe Raedle/Getty Images)
薬局に並ぶ薬品。イメージ写真(Joe Raedle/Getty Images)

中国山東省乳山市で、幹部任用制度に不満を持つ同市職員は、2017年から同僚らが使うウォーターサーバーに、メス豚の発情誘起に使用されるホルモン剤を混入していた。健康異常を訴える同僚が相次ぎ、同職員が逮捕された。事件の背景には、共産党が長年、国民に植え付けた「恨む」という洗脳教育がある、との見方がある。

中国インターネット上ではこのほど、乳山市統計局の男性職員がネット上で購入したホルモン剤を水で薄めてから、注射器を使って、局内の各オフィスに設置されたウォーターサーバーに入れ続けていたとの投稿があった。中国紙・瀟湘晨報が10月26日、乳山市警察当局に情報を確認したところ、当局は「今この事件を捜査している」とした。

SNS上の投稿によると、同男性職員は2017年8月からホルモン剤を注入し続けた。ウォーターサーバーを利用した局長や職員らは「体重が急激に増えた」。さらに、「男性職員や局長らは昼間でも興奮していて、顔が常に赤く、座っていても汗をかいてしまう。女性職員も次々と妊娠していた」「閉経したはずの50代の女性職員にまた生理がきた」という。

「局長が病院で検査を受けたところ、体内の3種類のホルモンが基準値を大幅に上回った。不審に思った局長が、局内のゴミ箱から、破棄されたホルモン剤の小瓶を見つけ、警察に通報した」

乳山市警察当局によると、2019年7月に通報を受け、同男性職員について捜査を開始した。中国紙・封面新聞によれば、警察当局の担当者は、同職員が投与したのはホルモン剤に間違いないが、「メス豚の発情誘発に使うホルモン剤であるかは不明だ」とし、また「ネット上の投稿は大げさに書いてある」と指摘したという。

SNS微博では、ネットユーザーの多くはこの卑劣な犯行に呆れ、「人がすることではない」「社会をどれほど恨んでいるの?」「どうして同僚を巻き込む必要があったのか」などと批判した。また、一部は「ホルモン剤の薬効は高いのに、どうして国内の病気治療薬の効能は低いのか」と皮肉った。

江蘇省人権活動家の張建平氏は米ラジオ・フリー・アジア(RFA)に対して、同事件は中国公務員の幹部登用制度の不透明性を反映したと指摘した一方で、犯行を及んだ男性職員について「道徳観を完全になくした」と批判した。

湖北省の住民である高親さんは、「あの職員は、仕事上、上司に不満があったかもしれない。しかし、共産党の『恨む』という洗脳教育を受けた結果、同僚まで傷つけた。これは、将来の中国の縮図だ。洗脳教育を受けた結果、多くの中国人は道徳観が崩れた」とRFAに語った。

(翻訳編集・張哲)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^