大紀元時報

米ホワイトハウスが対中政策で声明、「共産党の振る舞いにもう目をつぶらない」

2020年11月03日 20時48分
2020年9月16日、ホワイトハウスの会見で記者団に話すドナルド・トランプ大統領 (Reuters/Leah Millis/File Photo)
2020年9月16日、ホワイトハウスの会見で記者団に話すドナルド・トランプ大統領 (Reuters/Leah Millis/File Photo)

11月3日に投票開始日を控える米国で、ホワイトハウスは2日、同ウェブサイトで対中政策方針について声明を掲載した。声明は、トランプ政権は中国共産党政権の振る舞いについて、今後「目をつぶったり、批判を隠したりしない」と明言した。

声明はまた、トランプ大統領は、中国共産党の本質とそれによる米国の経済・政治に対する脅威を認識していた数少ない傑出した米国人の1人だとした。

2018年10月以降、トランプ大統領、マイク・ペンス副大統領、そして政権を支える4人の高官であるマイク・ポンペオ国務長官、クリストファー・レイ連邦捜査局(FBI)長官、ロバート・オブライエン大統領補佐官、ウィリアム・バー司法長官が、対中政策について数多くの演説を行い、中国共産党政権について批判を展開した。演説は、生活、ビジネス、価値観などの分野における中国共産党の脅威について、米国市民だけでなく、米国の同盟国にも警鐘を鳴らした。

ホワイトハウスによると、これらの演説内容は書籍にまとめられた。本のタイトルは「TRUMP ON CHINA・PUTTING AMERICA FIRST」と付けられた。

声明は「われわれが直面している課題は、中国と米国の対立ではない。マルクス・レーニン主義と重商主義のビジョンを持つ中国共産党と、自由を愛する世界の人々との対立だ」と強調した。

(翻訳編集・張哲)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^