大紀元時報

「トランプ氏の票がバイデン氏に」米ミシガン州、複数の郡で問題ある集計ソフトを使用か

2020年11月07日 16時27分
2020年11月4日、米ミシガン州デトロイトでは、選挙スタッフはTCFセンターを使用して、集計作業を行っている(JEFF KOWALSKY/AFP via Getty Images)
2020年11月4日、米ミシガン州デトロイトでは、選挙スタッフはTCFセンターを使用して、集計作業を行っている(JEFF KOWALSKY/AFP via Getty Images)

ミシガン州の共和党は11月6日午後に記者会見を開き、同州では、集計ソフトの「不具合」で、大量の共和党の票が民主党にカウントされていたことを明らかにした。

 

記者会見で同州共和党のローラ・コックス(Laura Cox)議長は「アントリム郡(Antrim County)では、本来共和党に投じられた6000枚の票が民主党側にカウントされ、共和党の候補者に不利益をもたらした」と述べた。

 

集計ソフトの「不具合」に気づいたのはある女性選挙スタッフ。票を点検したところ、トランプ氏に投じた6000枚の票がバイデン候補に計上されていると分かった。

 

コックス議長は「ミシガン州の47の郡で同ソフトが使用されている」と述べた。

 

共和党全国委員会のロンナ・ ロムニー・マクダニエル(Ronna Romney McDaniel)委員長は当日にも、フォックス・ニュースに対し、「ミシガン州で重大な投票違反があった」と語った。

 

彼女は6日の記者会見で、「民主党員は開票作業の透明性を保つことを拒否している」と指摘した。

 

トランプ氏の選挙キャンペーンチーム「Trump War Room」もツイッターで、ミシガン州で発覚した問題ソフトの件について言及し、「同ソフトを使用しているほかの郡でも、集計結果に同様の問題がないか、注意深くチェックする必要がある」と指摘した。

 

共和党全国委員会のマクダニエル委員長は6日、「われわれは、ミシガン州のジョセリン・ベンソン(Jocelyn Benson)州務長官とグレッチェン・ホイットマー(Gretchen Whitmer)州知事が設定したこの集計システムを現時点では信頼していない」とツイートした。

 

同氏は別のツイートで、「ベンソン州務長官が選挙の公平性が大事だと思っているなら、すべての監視員が集計を正しく行っているかをはっきりと監視すべきだ」と指摘した。

 

彼女はまた、「これは私たちの民主主義だ。明らかな違反行為は追究しなければならない。われわれ共和党全国委員会は、選挙の完全性を確保し、投票数と集計問題を調査するために、アリゾナ、ジョージア、ミシガン、ペンシルベニアに法務チームを配置した」と述べた。

 

ミシガン州では、開票センターの窓ガラスが覆われたり、郵便投票の消印が改ざんされたりするなど不正行為が報告されている。

 

大統領選挙での投票集計問題に加え、同州連邦上院議員選挙においても、多くの不正行為が報告されている。共和党のジョン・ジェームズ(John James)候補は、選挙管理関係者が「不正行為を働き、有権者を抑圧し、選挙に干渉した」と告発している。

 

ミシガン州の選挙監視員は、「民主党が選挙結果を盗もうとしている」と指摘した。

 

現地、ジェームズ陣営のコンサルタントを務めたスチュアート・サンドラー(Stuart Sandler)氏は、フォックス・ニュースに対し、「今回の選挙では多くの不正があったことを懸念している。ジェームス氏が決定的な勝利を収めようとしていた時に、突然真夜中に大量の怪しい票が入ってきた」と明らかにした。

 

サンドラー氏はさらに、「夜中の3時半に突然3万5000枚もの疑わしい票が集計されたという報告も含め、今回の選挙ではあらゆる種類の不正行為が行われていたと同時に、多くの規則違反や誠実さに欠ける行為もあった。彼らは、開票の公平性を疑問視するスタッフの立ち入りを禁じ、食べ物や水も与えず、食べ物や水を買いに外出した者の再入場を許さなかった。また、開票作業は、様々な理由で中断された」と指摘した。

 

(大紀元日本ウェブ編集部)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^