大紀元時報

政府、中国製ドローンを排除へ=報道

2020年12月01日 16時52分
中国ドローン製造大手、大疆創信科技有限公司(DJI)の無人機(ROBYN BECK/AFP/Getty Images)
中国ドローン製造大手、大疆創信科技有限公司(DJI)の無人機(ROBYN BECK/AFP/Getty Images)

読売新聞11月30日付によると、政府は、各省庁などが保有する1000機以上の中国製小型無人機(ドローン)について、来年以降、国産メーカーの新機種に入れ替える方針を決めた。同紙は、安保上のリスク観点から、中国製ドローンを事実上排除する狙いとの見方を示した。

報道によれば、防衛省や警察庁などを除いた大半の省と庁は、中国大手、大疆創信科技有限公司(DJI)のドローンを使用している。米政府は、中国当局がDJIのドローンを通じて情報を窃盗する可能性が高いとし、すでに同社製品の使用を禁止した。

政府は、5G(次世代移動通信システム)の普及で、サイバー攻撃によって情報の窃取と機体自体の乗っ取りを懸念している。「このため、政府は来年度から、全省庁や独立行政法人などのドローンの運用を抜本的に見直し」「高いセキュリティー機能を備える」国産ドローンの投入を推し進めている。各省庁が新規のドローンを調達する際、内閣官房に事前に報告する必要があるという。

(編集・張哲)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^