大紀元時報

チェコ、原発建設計画で中国企業の入札を認めず

2021年01月31日 00時03分
2013年3月、チェコのドコバニ(Dukovany)原子力発電所 (MICHAL CIZEK/AFP via Getty Images)
2013年3月、チェコのドコバニ(Dukovany)原子力発電所 (MICHAL CIZEK/AFP via Getty Images)

チェコ政府と政党はこのほど、チェコ国営電力(CEZ)が進めているドコバニ(Dukovany)原子力発電所の拡大計画について、国家安全保障上の懸念があるとして、中国企業の入札を認めない方針で合意した。

ロイター通信によると、ドコバニ原子力発電所で出力が最大120万キロワットの加圧水型原子炉(PWR)のユニットを新たに増設する計画に関して、チェコ政府と野党の党首らは27日、国家安保上の懸念から、中国企業を入札から除外することで意見を一致させた。

駐チェコ中国大使館は28日の声明で「抗議する」とし、チェコ政府に「市場経済および公平な競争原則を順守するように」と意見表明した。

同国親中派のミロシュ・ゼマン大統領の主導で、中国エネルギー大手、中国華信能源(CEFC)は過去数年、チェコの通信業や銀行業などに進出した。ロイター通信によると、CEFCの葉簡明会長が2018年、中国当局に経済犯罪の容疑で拘束されて以降、同社のチェコで進められていた多くの投資計画がストップした。

(翻訳編集・張哲)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^