大紀元時報

米印首脳、4カ国枠組みによるインド太平洋の安全保障強化で合意

2021年02月09日 17時15分

[ニューデリー 9日 ロイター] - バイデン米大統領は8日夜、インドのモディ首相と初の電話会談を行い、クアッド(日米豪印協力)を通じてインド太平洋の安全保障を強化することで合意した。

クアッドは、インド太平洋地域で覇権主義的な動きを強める中国を念頭に、4カ国が安全保障面で協力する非公式なグループ。日本メディアは前週末、4カ国が連携強化に向けオンライン形式の首脳会議を計画していると伝えた。

ホワイトハウスは声明で「両首脳は、引き続き緊密に協力し、航行の自由や領土の保全を含め自由で開かれたインド太平洋を推進していくことで合意した」と述べた。

昨年、4カ国はベンガル湾で合同演習を行った。

インド外務省によると、モディ首相はバイデン大統領に対し、両国の戦略的パートナーシップ強化に取り組むと述べた。

両首脳は、新型コロナウイルス対策や気候変動問題、ミャンマーを含め世界の民主主義的制度・規範を守ることで協力することも確認した。

インドは中国とヒマラヤ山脈の国境問題を抱え、現地では昨年4月から両国軍がにらみ合っている。昨年、両国軍が交戦しインド兵の死者が出たことで、インド国内では反中ムードが広がっている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^