大紀元時報

アストラワクチン「安全で有効」 EU判断、独仏伊など接種再開

2021年03月19日 10時50分
欧州連合(EU)の医薬品規制当局である欧州医薬品庁(EMA)は18日、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンについて、接種後に血栓ができるなどの報告事例に関する調査を行った結果、引き続き利点がリスクを上回るという「明確な」結論に至ったと表明した。ベルギーで同ワクチンの接種を受ける人(2021年 ロイター/Yves Herman)
欧州連合(EU)の医薬品規制当局である欧州医薬品庁(EMA)は18日、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンについて、接種後に血栓ができるなどの報告事例に関する調査を行った結果、引き続き利点がリスクを上回るという「明確な」結論に至ったと表明した。ベルギーで同ワクチンの接種を受ける人(2021年 ロイター/Yves Herman)

[アムステルダム 18日 ロイター] - 欧州連合(EU)の医薬品規制当局である欧州医薬品庁(EMA)は18日、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンについて、接種後に血栓ができるなどの報告事例に関する調査を行った結果、引き続き利点がリスクを上回るという「明確な」結論に至ったと表明した。

これを受けて、ドイツ、フランス、イタリアなどが同ワクチンの接種再開を決定した。

EMAのエグゼクティブディレクター、エマー・クック氏は、アストラ製ワクチンが「安全かつ有効なワクチン」と強調。「私ならあすにでもこのワクチン接種を受ける」と述べ、不安の払拭に努めた。同時に、ワクチン接種と血栓の因果関係を完全に排除することはできなかったとし、調査を継続すると明らかにした。

また、同ワクチンを接種する際に生じる潜在リスクに関し、患者への説明や医療従事者への情報提供を徹底するためガイドラインを変更する予定で、「これまでに接種した人やこれから接種する人に、注意すべき事柄について意識を高めてもらいたい」と語った。

欧州ではアストラ製ワクチンの接種後に血栓ができるなどの副反応が疑われる事例の報告を受け、接種を中断する国が相次いでいた。

EMAでは同ワクチン接種を受けた500万人のうち、血栓など30例の症例が報告された件について、脳血管内に形成された血栓を重点に調査を進めた。

今回の決定を受け、ドイツのシュパーン保健相は19日午前にアストラ製ワクチンの接種を再開すると表明。また、ワクチンの安全性に関する透明性は重要であり、一時的に接種を中断した判断は正しかったという認識を示した。

フランスのカステックス首相も同ワクチンの接種を再開するとし、首相自身が19日午後に接種を受けると明言した。

この他、イタリアのドラギ首相やスペインのダリアス保健相がアストラ製ワクチンの接種を再開すると表明。英イングランドのホイッティ首席医務官は、同ワクチン接種に絡む潜在リスクは「極めて低く」、リスクよりも恩恵の方がはるかに大きいと強調した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^