大紀元時報

福島原発処理水の海洋放出、地元の声聞き風評対策に万全=官房長官

2021年04月16日 12時22分
4月16日、加藤勝信官房長官は、東京電力福島第1原子力発電所(写真)の処理水の海洋放出について、地元の声に耳を傾けながら、財源を確保しつつ、風評被害対策に万全を期す考えを示した。3月撮影(2021年 ロイター/Sakura Murakami)
4月16日、加藤勝信官房長官は、東京電力福島第1原子力発電所(写真)の処理水の海洋放出について、地元の声に耳を傾けながら、財源を確保しつつ、風評被害対策に万全を期す考えを示した。3月撮影(2021年 ロイター/Sakura Murakami)

[東京 16日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は16日午前の閣議後会見で、東京電力福島第1原子力発電所の処理水の海洋放出について、地元の声に耳を傾けながら、財源を確保しつつ、風評被害対策に万全を期す考えを示した。

政府はこの日、海洋放出に関する関係閣僚会議の初会合を開催し、ワーキンググループの設置を決めた。会議の議長を務めた加藤官房長官は「地元の声をしっかり受け止め、これまで決めていた具体的な対策以上に必要なものがあれば、財源を確保して適宜対応していきたい」と述べた。

訪米中の菅義偉首相がファイザーの最高経営責任者(CEO)と電話会談を行う方向で調整中との一部報道については、すでに発表した日程以外に確定したものはないと述べた。

 

(和田崇彦)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
" async> %>
^