大紀元時報

米超党派議員、台湾訪問 「台湾を孤立無援にさせない」

2021年6月7日 21時06分
2021年6月6日、米上院超党派議員団が台湾に到着した(Photo by PEI Chen / POOL / AFP)
2021年6月6日、米上院超党派議員団が台湾に到着した(Photo by PEI Chen / POOL / AFP)

米上院超党派議員団は6日、台湾を訪問し、ワクチン75万回分を提供すると発表した。台湾ではここ数日、中共ウイルス新型コロナウイルス)の感染が急拡大している。

民主党のタミー・ダックワース(Tammy Duckworth)議員とクリス・クーンズ(Christopher Coons)議員、共和党のダン・サリバン(Dan Sullivan)議員は6日朝、米軍の輸送機C-17で台北松山空港に到着した。台湾の呉釗燮外相らが出迎えた。

ダックワース議員とサリバン議員は上院軍事委員会に、クーンズ議員は同外交委員会にぞれぞれ所属する。

ダックワース氏は空港内で報道陣に対して、同議員3人はホワイトハウス当局者と数週間にわたり話し合った結果、台湾に対して中共ウイルスのワクチン75万回分を提供することが決まったと明かした。

「われわれは、(ワクチンが)台湾に差し迫って必要であると認識しており、台湾とのパートナーシップを重視しているからだ」と同氏は述べた。

また、昨年、米国で感染が拡大して以降、台湾から多くの医療物資が届いたことについて、ダックワース議員は「米国人を代表して、台湾の皆さんに感謝したい」と話した。

同議員は、自身の母親が中国の広東省潮州市出身であることを紹介した。祖父母は「共産党の圧政から逃れるために、徒歩でタイに亡命した」という。母の体験から、議員は「(アジア)地域内の民主主義体制を支持することは非常に重要であると感じている」と示し、「米国は、台湾を孤立無援にさせない」と強調した。

サリバン議員は、台湾に対する米国の支援は超党派的で「揺るぎないものだ」と述べた。米憲法の下で、上院は米政府の外交政策において重要な役割を担うため、米政府は「台湾関係法」に基づき、台湾に協力し、ともに外部の圧力に対抗していくと同議員は示した。

議員によると、台湾へのワクチン提供をめぐって、米国は日本など同盟国と密接に連携している。

クーンズ議員は、台湾への支援は「差し迫ったもので、かつ重要である」ことを他国に認識させる必要がある。同氏によれば、米上院は今月中旬に、中国に対抗するための戦略を盛り込んだ法案、「戦略的競争法案」の採択が行われる。議員は、同法案が可決される可能性が大きいとの見方を示した。

(翻訳編集・張哲)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^