大紀元時報

米空港利用、11日に202万人 20年3月以来の高水準

2021年6月14日 20時54分
FILE PHOTO: Travelers go through general screening at a security checkpoint at Seattle-Tacoma International Airport in SeaTac, Washington, U.S. April 12, 2021.  REUTERS/Lindsey Wasson
FILE PHOTO: Travelers go through general screening at a security checkpoint at Seattle-Tacoma International Airport in SeaTac, Washington, U.S. April 12, 2021. REUTERS/Lindsey Wasson

[ワシントン 12日 ロイター] - 米運輸保安庁(TSA)は、米国の空港で11日にセキュリティーチェック(保安検査)を受けた乗客は約202万人で、新型コロナウイルス感染拡大で航空需要が激減した2020年3月以降最多になったと発表した。

1日の保安検査が200万人を超えるのは、20年3月7日以降で初めて。

11日に保安検査を受けた人の数は、19年比では74%にとどまっている。ただ米国の航空需要はここ数カ月、ワクチン接種の進展に伴い着実に増加。11日の数字は、前年同期を150万人上回った。

TSA高官は12日に声明を発表し、「旅客増は米国の回復力と、ワクチンへのアクセスを含むコロナ対策への高い信頼を浮き彫りにしている」と指摘した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^