大紀元時報

NATO首脳会議、中国を安保リスクと初めて位置付けへ

2021年6月14日 18時18分
6月14日、北大西洋条約機構(NATO)はバイデン米大統領(写真)が出席する首脳会議で、中国を安全保障上のリスクと初めて位置付ける見通しだ。ブリュッセルの空港で13日代表撮影(2021年 ロイター)
6月14日、北大西洋条約機構(NATO)はバイデン米大統領(写真)が出席する首脳会議で、中国を安全保障上のリスクと初めて位置付ける見通しだ。ブリュッセルの空港で13日代表撮影(2021年 ロイター)

[ブリュッセル 14日 ロイター] - 北大西洋条約機構(NATO)はバイデン米大統領が出席する14日の首脳会議で、中国を安全保障上のリスクと初めて位置付ける見通しだ。

前日には主要7カ国首脳会議(G7サミット)が共同声明で、中国に対して新彊ウイグル自治区での人権尊重、香港の高度の自治を求めたほか、東・南シナ海での一方的措置に反対する姿勢を示した。台湾海峡の平和と安定についても強調し、問題の平和的解決を促した。

複数の外交筋によると、NATO首脳会議の最終声明では中国を敵対国と表現しないものの、ロシアの軍事演習に参加するなど、NATOにとって「システミックな」挑戦になっているとして懸念を表明する見込み。

サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は記者団に対し、「(NATO)声明ではこれまでよりも確固とした形で中国に言及するだろう」と述べた。

NATOのストルテンベルグ事務総長は14日、中国の経済的、政治的、軍事的な台頭に対応しなければならないとし、首脳会議の最終声明は新たな対中戦略を強固にするものになると述べた。

記者団に対し「中国はわれわれに近づいている。サイバー空間でもアフリカでも中国を目にするが、われわれ自身の不可欠なインフラにも中国は大規模に投資している」と指摘。「中国がわれわれの価値観を共有していないことをわれわれは知っている。われわれは同盟でともに対処する必要がある」と述べた。また、中国は敵国ではないとしつつ、安全保障上の挑戦になっていると付け加えた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^