大紀元時報

ミネソタ州の9歳少女、教室のBLMポスターへの抗議で人気者に

2021年6月24日 10時46分
2021年4月13日、ミネソタ州のブルックリンセンター警察署の前で行われた抗議活動(Kerem Yucel/AFP via Getty Images)
2021年4月13日、ミネソタ州のブルックリンセンター警察署の前で行われた抗議活動(Kerem Yucel/AFP via Getty Images)

米ミネソタ州の9歳の少女がネット上で注目を浴びている。彼女は教室にブラック・ライブ・ズマター(BLM、黒人の命も大切だ)のポスターが貼ってあるのを発見し、これは地元の教育委員会の「政治に関わらない」方針に矛盾すると抗議した。彼女がポスターの撤去を呼びかける動画がソーシャルメディアで急速に広まり、一躍人気者になった。

「ノヴァリー」と名乗るこの少女は、ミネアポリス南部のレイクビューエリアの小学校に通っている。6月8日の教育委員会会議で、彼女は学校にBLMのポスターが貼ってあるのを見たと話した。「私はとても怒りました。2週間前まさにこの会議で『学校で政治に関わる事は行わない』と聞いたばかりです」と彼女は委員会メンバーに話した。「私はそれを信じていました」

彼女は、BLMを含む政治的メッセージの掲示を禁止する教育委員会の方針を引き合いに出し、校長にポスターの撤去を求めたと話した。校長はポスターの撤去を拒否し、教育委員会が作成したと説明したという。

「私はあぜんとしました。2週間前の会議であなたたちは、学校でBLMを見かけたら報告するように言いましたよね」と彼女は続けた。「あなたたち自身がポスターを作っていたんですね」

「誰もがポスターの意味を理解しています。それは警察官を追い出し、暴動を起こし、建物を焼き払うという政治的メッセージです。その間ティム・ワルツ州知事は国王みたいに王座に座って見ているだけです」と彼女は付け加えた。「ポスターの色やフォントを変えても意味は変わりません。9歳の私でもそれを知っています。あなたたちはこのポスターの意味を知らずに作ったというのですか?信じられるわけがありません!」

そして彼女は、自分は人種ではなく、自分に対する接し方で人を判断しているが、教育委員会は肌の色に注目するよう人々に促していると話した。

「私はあなたたちが嘘をついたことにとても失望しています。自分のルールさえ守っていません」と少女は締めくくった。「ポスターを学校から取り除いてください。勇気は勇気を呼び起こします。勇気を出してください」

大紀元はこの問題について学区にコメントを求めている。

BLM運動は2013年、警察が黒人に対して殺傷力のある武器を過剰に使用していることが疑われたことを受けて始まった。しかし、BLMはさらに踏み込んで、警察や刑務所の廃止、核家族の解体など急進的左派思想を提唱するようになった。BLMの協同創設者パトリッセ・カラーズ氏は、自身ともう一人の協同創設者であるアリシア・ガーザ氏が「訓練されたマルクス主義者」だと話している。

2020年夏、ミネアポリス警察に拘束されていたジョージ・フロイド氏の死をきっかけに広がった抗議活動によって、BLM運動は世界的な注目を集めた。これらの抗議活動の多くは暴力的なものに発展し、暴動、略奪、放火、私有財産や公共財産の破壊に繋がった。

(大紀元日本ウェブ編集部)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^