大手SNS、米ケネディ候補のアカウントを停止 選挙活動に影響も

暗殺された故ジョン・ケネディ元大統領の甥にあたるロバート・ケネディ・ジュニア氏は、Instagramによって選挙活動を停止されたと発言した。それを受け、イーロン・マスク氏は、同氏をTwitter Spacesでのディスカッションに招待した
2023/06/07 Jack Phillips

今すぐスマホ依存を治しませんか?うつ病などの健康被害があります

現代社会ではインターネットの発達に伴い、コミュニケーションのための電子ツールへの依存度が高まり、SNSの利用が人々の生活の一部になっています。 インターネットはスピードと利便性をもたらす一方で、不安や憂鬱といったネガティブな感情ももたらします。

「影響力はカネで買う」中国、フェイスブックなど大手SNSで世論操作=米メディア

中国政府は自国のイメージを向上させるため、世界規模でインターネット上の世論操作を繰り広げている。
2021/12/26

SNSの誹謗中傷に運営会社の責任追求…オーストラリア首相、荒らし防止新法案発表

オーストラリアのモリソン首相は28日、誹謗中傷などの有害な投稿についてSNS運営会社に責任を追求する法律を導入すると発表した。同法案が来年初めには国会に提出される予定。
2021/11/30 蘇文悦

SNSの分析、国民の声聞く手段として検討=松野官房長官

[東京 9日 ロイター] - 松野博一官房長官は9日午後の会見で、国民の声を聞く手段としてソーシャルメディア(SNS)上の意見を分析する検討を始めたと明らかにした。 松野長官は、自民党と公明党が調整している18歳以下を対象にした所得制限なしの一時金支給を巡り、インターネット上で賛成の声がほとんどないと記者から問われ、与党間が調整しているとしてコメントを避けた。 ただ、一般論と断った上で「SNS上の
2021/11/10 Reuters

グーグルとユーチューブ、気候変動を「デマ」と呼ぶコンテンツの広告停止へ

グーグルとユーチューブは7日、気候変動に関する「誤った情報」で収益化することを禁止すると発表した。11月から実施されるという。
2021/10/08

4歳女児が語った「生まれる前の記憶」

小さな子供が「自分が生まれる前の記憶」や「前世の記憶」を持っていたとしたら、あなたはそれを信じますか。
2021/10/08

ミネソタ州の9歳少女、教室のBLMポスターへの抗議で人気者に

米ミネソタ州の9歳の少女がネット上で注目を浴びている。彼女は教室にBLM(ブラックライブズマター)のポスターが貼ってあるのを発見し、これは地元の教育委員会の「政治に関わらない」方針に矛盾すると抗議した。彼女がポスターの撤去を呼びかける動画がソーシャルメディアで急速に広まり、彼女は人気者になった。
2021/06/24

マイピローのCEO、新ソーシャルメディアを立ち上げ 10億人以上が利用可能

トランプ米前大統領の支持者として知られている米実業家のマイク・リンデル(Mike Lindell)氏はこのほど、自身が立ち上げる予定のソーシャルメディア・サイトは10億人以上のユーザーを抱えることができると明かした。
2021/04/01

ポーランド、IT企業に対する規制を検討 「言論の自由は民主主義の本質」

インターネット上における言論の自由を保護するため、ポーランド政府は新たな法案を起草している。法案が実施されれば、投稿の削除等の判断は司法当局にゆだねられ、法律に違反したソーシャルメディア企業には高額な罰金が科される見通しだ。ポーランドメディア「REMIX NEWS」が報じた。
2021/01/11

米アップル、中国アプリストアで3千以上のアプリを「行方不明」に VPN、法輪功、台湾関連など

米ワシントン拠点の非営利の倫理監視団体は12月23日、米アップルは中国のアプリストアから、中国共産党が好まないテーマを扱うアプリを削除しているとの調査報告を発表した。報告は、アップルが中国市場を維持するために自己検閲を行っていると指摘している。
2020/12/28

中国、抗議デモを利用して緊張高める ゴードン・チャン氏「米国を弱体化させようとしている」

専門家によると、中国共産党は全米で起こっている騒乱を利用して米国を攻撃し、香港での統制強化から注意をそらそうとしている。
2020/06/04

YouTube、中国政府に批判的なフレーズの削除認める トランプ氏がSNS閉鎖に言及

YouTubeは、コメント欄から中国共産党に批判的な中国語のフレーズを削除していたことを認めた。
2020/05/28

人間関係を破壊するSNS 解決策はソーシャルメディア2.0

ソーシャルメディアは人間関係を破壊する。それは、「フェイスブック羨望」を生み出すからである。そして、自尊心を低下させ、ユーザーを孤独感に陥れ、横暴で利己的なふるまいを助長させる。ソーシャルメディアはユーザーのデータを集めてユーザーがそんなに必要としないものであっても、マーケティング担当者が商品を売りやすい環境を作り出す。そして金銭的な余裕がないのにクレジットカードの借金地獄に陥れる。
2020/03/22

Appleの生みの親、スティーブ・ジョブズが子供にiPadを使わせなかった理由

2010年、iPad発売発表で、スティーブ・ジョブズは「子供がアクセスできるテクノロジーの量を制限している」と公表し、ジャーナリストを驚かせたことがあった。
2019/11/28

人間関係を破壊するSNS 解決策はソーシャルメディア2.0

ソーシャルメディアは人間関係を破壊する。それは、「フェイスブック羨望」を生み出すからである。そして、自尊心を低下させ、ユーザーを孤独感に陥れ、横暴で利己的なふるまいを助長させる。ソーシャルメディアはユーザーのデータを集めてユーザーがそんなに必要としないものであっても、マーケティング担当者が商品を売りやすい環境を作り出す。そして金銭的な余裕がないのにクレジットカードの借金地獄に陥れる。
2019/09/05

家族と一緒に過ごす時間がなく、ベッドやおもちゃとともに保護施設に捨てられた犬

犬の身になって考えてほしい。ベッド、おもちゃ、毛布などといっしょにあなたの知らない場所に運ばれています。たどり着いた先には数百という他の犬の音や匂いがします。飼い主は泣いて、あなたを知らない人たちに託します。あなたは犬小屋で一人ぼっちです。
2019/09/01

ねつ造された世界観 あなたの考えにも影響が?

メディアやネットの発達により、一瞬にして世界の政治情勢やトレンドが把握できる時代。この情報網から得られる知識が、私たちの世界観を形成している。しかし、これらの情報が意図的に操作されているとしたら…?水面下で行われる、恐るべきソフト・パワーの正体とはー。
2018/07/18

フェイスブック元上層部らが警鐘 SNSが人類社会を破壊する

 、いまや20億人の利用者を有する世界最大のソーシャルメディア(SNS)フェイスブック。最近、同社元上層部が相次ぎ、ソーシャルメディアが人々のつながり、社会とのつながり方を変えてしまい、人間をマインドコントロールしていると警鐘を鳴らし、ソーシャルメディアの利用自粛をよびかけている。
2017/12/25

中国政府、大手SNS各社から1%株式の取得を計画 経営介入のためか 

米紙ウォールストリートジャーナルは消息筋の話として、中国政府は謄訊(テンセント)、微博(ミニブログ)、優酷土豆(Youku、動画サイト)など国内大手ソーシャルメディアの株式を一部取得する予定だと報じた。企業の経営に関与するためだという。
2017/10/16

意識不明の主人に抱きついて離れないワンちゃん

主人が危機に面した時、とっさに犬にも伝わるのかもしれない。アルゼンチンに住む男性が不注意ではしごから転落し、意識不明になった。彼の愛犬トニーは男性の体をいたわるように抱きついたまま、救急隊員が到着するまで離れようとしない。その写真がソーシャルメディアで広がり、話題になっている。
2017/05/28