大紀元時報

ドイツ軍、アフガンから撤退完了 約20年で15万人派兵

2021年6月30日 14時22分
6月29日 ドイツ軍は29日夜、約20年にわたって駐留していたアフガニスタンからの撤退を完了した。写真はドイツ兵。2018年3月、アフガニスタンで撮影(2021年 Michael Kappeler/Pool via Reuters)
6月29日 ドイツ軍は29日夜、約20年にわたって駐留していたアフガニスタンからの撤退を完了した。写真はドイツ兵。2018年3月、アフガニスタンで撮影(2021年 Michael Kappeler/Pool via Reuters)

[ベルリン 29日 ロイター] - ドイツ軍は29日夜、約20年にわたって駐留していたアフガニスタンからの撤退を完了した。

クランプカレンバウアー国防​相は声明で、「われわれの最後の部隊が約20年駐留したアフガニスタンを離れ、帰国の途に就いた」と述べた。

「これは歴史的な章の終わりだ。ドイツ連邦軍が試され、戦闘でその実力を証明した集中的な任務の終わりだ」と語った。

アフガンはドイツ軍が第二次世界大戦後、初めて地上戦を行った地になった。

バイデン米大統領と北大西洋条約機構(NATO)は4月中旬、米同時多発攻撃から20年を迎える9月11日までにアフガン駐留部隊約1万人を撤退させると表明した。

ドイツ軍は過去20年間に約15万人の兵士をアフガンに派遣した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^