大紀元時報

国連安保理、ハイチ大統領暗殺を非難 関係者に自制求める

2021年7月8日 17時46分
7月7日、国連安全保障理事会は、ハイチのモイーズ大統領が暗殺された事件を非難するとともに、全ての関係者に対して「冷静に行動し、さらなる不安定さを助長するような行為を避ける」よう求めた。写真は国連のロゴ。ニューヨークで昨年9月撮影(2021年 ロイター/Mike Segar)
7月7日、国連安全保障理事会は、ハイチのモイーズ大統領が暗殺された事件を非難するとともに、全ての関係者に対して「冷静に行動し、さらなる不安定さを助長するような行為を避ける」よう求めた。写真は国連のロゴ。ニューヨークで昨年9月撮影(2021年 ロイター/Mike Segar)

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 国連安全保障理事会は7日、ハイチのモイーズ大統領が暗殺された事件を非難するとともに、全ての関係者に対して「冷静に行動し、さらなる不安定さを助長するような行為を避ける」よう求めた。

安保理は声明で「ハイチの全ての政治的関係者に対し、いかなる暴力行為や暴力の扇動も控えるよう強く要請する」とした上で、犯行グループは法の裁きを受けるべきと強調した。

安保理は8日に非公開の会議を開き、モイーズ大統領暗殺について詳しい報告を受ける予定。

ハイチのモイーズ大統領は7日未明、自宅に押し入った武装集団に射殺された。警察当局と容疑者グループの銃撃戦は続いており、現時点で容疑者のうち4人が殺害、2人が拘束されたもようだ。

^