大紀元時報

NASA、月面着陸船開発でスペースXとの作業中断 訴訟受け

2021年8月20日 11時32分
米航空宇宙局(NASA)は19日、ジェフ・ベゾス氏が設立した米ブルーオリジンがNASAの月面着陸船の単独発注を巡り政府を相手に訴訟を起こしたことを受けて、イーロン・マスク氏が率いる米スペースXと結んでいる契約における作業を一時的に停止すると明らかにした。写真はケネディ宇宙センターの建物にあるNASAのロゴ。今年4月16日、米フロリダ州ケープカナベラルで撮影。(2021年 ロイター/Joe Skipper)
米航空宇宙局(NASA)は19日、ジェフ・ベゾス氏が設立した米ブルーオリジンがNASAの月面着陸船の単独発注を巡り政府を相手に訴訟を起こしたことを受けて、イーロン・マスク氏が率いる米スペースXと結んでいる契約における作業を一時的に停止すると明らかにした。写真はケネディ宇宙センターの建物にあるNASAのロゴ。今年4月16日、米フロリダ州ケープカナベラルで撮影。(2021年 ロイター/Joe Skipper)

[ワシントン 19日 ロイター] - 米航空宇宙局(NASA)は19日、ジェフ・ベゾス氏が設立した米ブルーオリジンがNASAの月面着陸船の単独発注を巡り政府を相手に訴訟を起こしたことを受けて、イーロン・マスク氏が率いる米スペースXと結んでいる契約における作業を一時的に停止すると明らかにした。

NASAの月面着陸船の開発には、ブルーオリジン、スペースX、ダイネティクスの3社が名乗りを上げていた。NASAは今年4月、スペースX1社に29億ドルで発注することを決めた。

一方、ブルーオリジンはNASAがスペースXに単独発注したことを不服として米政府を提訴した。

NASAはこの日声明を発表し、スペースXとの契約における作業を11月1日まで一時停止すると発表。「NASA当局者は、司法省と協力してこの件を詳細に検討しており、迅速な問題解決を期待している」と説明した。

ブルーオリジンは、スペースXの単独受注について米政府監査院(GAO)にも抗議したが、GAOは先月この抗議を却下した。

^