大紀元時報

中国広州、9月から車のクラクションを終日禁止 市民から賛否両論の声

2021年8月23日 23時21分
写真は中国・広州の道路(MIKE CLARKE/AFP via Getty Images)
写真は中国・広州の道路(MIKE CLARKE/AFP via Getty Images)

中国南部・広東省の省都広州市では、クラクションによる騒音公害が問題となっている。同市は来月から、すべての道路で終日クラクションの禁止を決めた。特別な事情がないかぎり、違反者に罰金が科せられる。市民から賛否両論の声が上がっている。

地元紙・広州日報によると、広州では、クラクション禁止の範囲が全市のすべての道路に再拡大され、9月からは急カーブや追い越し、緊急時の警告などを除けば、クラクションを鳴らした場合は、一律減点なしの150元(約2500円)の罰金が科される。

この新規定を受け、中国のネットユーザーは、「ヒマでクラクションを鳴らす人はいない。必要だからクラクションを鳴らすんだ!携帯をいじって道も見ないで、自分が車線からはみ出していることにすら気づかない人や、無秩序に走り回る電動バイクにクラクションを鳴らしているのだ。こっちは鳴らさなければならないから鳴している。こんな融通の利かない規定を作ってどうするんだ!」

「いっそのこと広州の車のクラクションを全部取り外せばいいじゃないか」

「広州で一番罰すべきなのは、自転車や電動バイクの逆走だ」

「これが実施された後、交通事故が増えないか、見ものだ」などと反発する声が上がっている。

一方、「真夜中の午前2、3時に、家の下の道路で渋滞によるクラクションの嵐にはうんざりだ、本当に死ぬかと思った」と歓迎する人もいる。また「管理はいいが、一律ではなく、時間帯を設けるべき」という意見もある。

(翻訳編集・李凌)

関連キーワード
^