大紀元時報

北朝鮮独裁の恐怖 酔って金正恩からの電話に出られなかった長官が処刑

2021年8月27日 14時51分
(Photo credit should read KIRILL KUDRYAVTSEV/AFP via Getty Images)
(Photo credit should read KIRILL KUDRYAVTSEV/AFP via Getty Images)

北朝鮮最高指導者の私生活は、これまでずっと秘密にされてきた。韓国のメディア「East Asia Daily」は、北朝鮮軍の秘密部門である「総合政治局(GPB)38」は金正日の時代から存在し、金家の邸宅や指導者の接待、宴会の開催などを管理していることに加え、2014年にその組織の担当者が金正恩からの電話を逃し怒りを買ってしまい、処刑された事を明らかにした。

東亜日報によると、北朝鮮には少なくとも30もの金一族の別荘があるという。 外部に公開されているものもあるが、ほとんどは現地の者にも知られていない秘密の施設である。

総合政治局38部が行なっている任務は旧王朝の宦官の責務に該当する。 組織責任者は中将で、金正恩氏が何か宴会を開きたいと言えば、総合政治局38部が関連事項をすべて担当する。 しかし、2014年4月、部長が突然処刑されてしまった。

事情に詳しい脱北者の証言が「東亜日報」に掲載されている。2014年4月のある夜、金正恩氏と妻の李雪主(イ・ソルジュン)氏は、お酒を飲むためにゲストハウスに行き、22時半から23時の間に家を出たという。

金正恩氏が去った直後、宴会場に集まったスタッフは残った料理を食べた。宴会を仕切る38部長は、「うまくいった」「失敗があったら見直そう」とスタッフを励ました。その夜、上司は上機嫌で部下と一緒に酔っ払ってしまった。翌朝、ゲストハウスのスタッフは、38部長が連行されて処刑されたことを知らされた。

実は、その日の明け方、金正恩氏が38部長に電話をかけたが出なかったので、無視されたと思い激怒した。そこで 彼は人を送って38部長を処刑したのだ。

38部の部長の死は、北朝鮮ではほとんど知られていない。 38部長と同じように、何も言わずに消えていった人はどの位いるのだろうか。北朝鮮ではその数を正確に数えられる者はいないだろう。

(翻訳 井田)

関連キーワード
^