大紀元時報

菅首相、9月中旬に衆院解散を模索 党総裁選は先送り=報道

2021年9月1日 09時15分
複数の国内メディアによると、菅義偉首相が9月中旬に衆議院を解散する観測が自民党内で広がっている。写真は都内で8月、代表撮影(2021年 ロイター)
複数の国内メディアによると、菅義偉首相が9月中旬に衆議院を解散する観測が自民党内で広がっている。写真は都内で8月、代表撮影(2021年 ロイター)

[東京 1日 ロイター] - 複数の国内メディアによると、菅義偉首相が9月中旬に衆議院を解散する観測が自民党内で広がっている。衆院選の日程は10月5日公示、17日投開票とし、9月17日告示・29日投開票を予定している自民党総裁選は先送りするという。

毎日新聞は31日夜、複数の政権幹部の話として、菅首相が自民党役員人事と内閣改造を来週行い、9月中旬に衆院解散に踏み切る意向と報じた。朝日新聞は1日深夜、菅首相が二階俊博幹事長と31日に会談し、9月中旬の解散も選択肢との考えを伝えたと報じた。

しかし、各メディアとも、総裁選の先送りには党内から強い反発が予想され、衆議院を解散せずに任期満了選挙とする可能性もあるとも報じている。

^