大紀元時報

山東省で炭疽菌感染者2人が確認、うち1人死亡 接触者4700人以上

2021年9月2日 20時28分
参考写真(Photo by Peter Macdiarmid/Getty Images)
参考写真(Photo by Peter Macdiarmid/Getty Images)

中国当局の公表によると、8月中旬に山東省濱州市で炭疽菌感染者が2人確認された。うち1人は死亡した。感染者に接触した人は4700人いるという。このほど、中国北部の北京市、河北省、山西省、東北部の遼寧省と西北部の寧夏回族自治区でも相次いで炭疽菌感染者が確認された。

中国医療誌「中国疾病予防控制中心週報(英語版)」は8月27日、同月15日に山東省濱州市で14歳の学生と屠畜業従業員の35歳の男性が炭疽菌に感染したことを確認したと報じた。14歳の学生は死亡。いっぽう、男性は隔離され、治療中だという。

報道によると、7月28日、学生に発熱、倦怠感、嘔吐、下痢、けいれんなどの症状が出た。同月31日に村の診療所で点滴を受けた時、意識は朦朧としていた。8月6日に濱州医科大学医院に運ばれたが、その後死亡した。

山東省当局は、感染者2人の濃厚接触者の一部に対して12日間の隔離措置を取った。8月24日までに、接触者4700人余りに「予防用の薬を処方した」という。

8月以降、北京市などの各地で炭疽菌感染事例が相次いで報告された。中国メディアは当局の公表を引用し、今年、国内の炭疽菌感染者数は過去3年間の平均水準を上回ったと報じた。また、一部の省では集団感染がみられたという。

中国疾病対策予防センタ−(中国CDC)は8月25日、炭疽菌感染に関するオンライン会議を行い、各地の衛生・医療当局に対して「頻発する炭疽菌集団感染」への対応措置を強化するよう求めた。

(翻訳編集・張哲)

関連キーワード
^