10日、萩生田大臣は福島第一原子力発電所を視察した(経済産業省のツイッターより)

「廃炉と復興は最重要課題」 萩生田経産相が就任後初めて福島訪問

10日、萩生田光一経済産業相は、就任後初めて福島県を訪問し、内堀雅雄知事と会談した。萩生田経産相は「福島第一原子力発電所廃炉対策と福島の復興は、経済産業省の最重要課題である」と述べた。

これに対し、内堀知事は「難しい福島の問題に真正面から取り組んでほしい」と要請した。

萩生田経産相は当日の午後、東京電力福島第1電力発電所が位置する双葉町、大熊町の町長らとも面談し、福島の復興に向けて解決すべき課題について意見を交わした。

萩生田経産相はまた、東京電力福島第1電力発電所の作業現場を訪れ、視察した。2年後をめどに処理水を放出する方針について「安全を確認しながら進めていきたい」とし、透明性の高い情報公開が必要との考えも示した。

(蘇文悦)