降灰している熊本・阿蘇山。2019年12月13日撮影(Photo by CHARLY TRIBALLEAU/AFP via Getty Images)

阿蘇山が噴火 警戒レベルを3に引き上げ 降灰の恐れ=気象庁

気象庁によると、20日午前11時43分ごろ、熊本県阿蘇山が噴火し、噴煙は火口縁上3500メートルまで上った。阿蘇市、高森町、南阿蘇村では大量の降灰が予想される。

気象庁は噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山制限)に引き上げた。噴火した中岳第一火口からおよそ2キロの範囲は、飛散する大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけている。

阿蘇山の噴火を受け、状況に変化があれば随時報告が入る体制を取るため、首相官邸に情報連絡室を設置した。岸田首相は自身のツイッターで「周辺地域の皆さん、最新情報に注意し、警戒をお願いします」と投稿している。

(蘇文悦)