日米豪加の台湾代表処(大使館に相当)と台湾外交部は26日、女性の公共参加をテーマにした「グローバル協力訓練枠組み(GCTF)」バーチャルセミナーを開催した。(公益財団法人日本台湾交流協会)

日米豪加と台湾外交部、女性の社会進出に向けたセミナーを開催 意見交換し課題共有

日、米、オーストラリア、カナダの台湾担当事務所(大使館相当)と台湾外交部は27日、女性の公共参加をテーマにした「グローバル協力訓練枠組みGCTF)」のバーチャルセミナーを開催した。カナダが同枠組みに共催として参加するのは今回が初めて。

日本台湾交流協会の泉裕泰代表は開幕式で、台湾は「女性の社会進出において大きな進歩を遂げている」と述べ、「蔡英文総統の例は言うに及ばず、あらゆる分野で多くの女性が活躍」していることに言及した。

日本も男女共同参画社会基本法の施行や母子保健の支援、女性の起業支援など、女性の社会進出を支援する様々な取り組みが行われてきたことを紹介した。

泉代表は、新型コロナウイルス感染症の影響により女性の失業率が上昇するなど、新たな課題が生まれていることにも触れた。

米国在台協会(AIT)によると、セミナーは各国の政策立案者や民間企業の専門家、市民社会のリーダーらに知見を共有する場となった。

今回のGCTFは米国在台協会、オーストラリア弁事処、カナダ駐台北貿易弁事処、日本台湾交流協会、台湾外交部、台湾国家人権委員会などが共催した。呉釗燮外相ほかサンドラ・オウドカーク米国務次官補代理、タミー・ダックワース米上院議員らがオンラインで出席した。