ラニーニャ現象の確率90%、来春にかけて=米気象当局

[11日 ロイター] - 米国立気象局(NWS)の気象予報センターは11日公表した月報で、今冬から来年春にかけて北半球でラニーニャ現象が発生する確率が90%に上ると予想した。

ラニーニャ現象は太平洋赤道付近で海面温度が低下する現象で、洪水や干ばつの原因になるとされる。

同センターによると、ラニーニャ現象は今後数カ月間、米国内の気温や降水量に影響すると予想され、来年3月から5月にこうした気象パターンが継続する確率は50%とした。

また、4月から6月にかけては気象変動は中立な状態が予想されるという。