米中安定は国際社会に極めて重要=首脳会談で官房長官

[東京 16日 ロイター] - 松野博一官房長官は16日午後の会見で、日本時間16日午後に終了した米中首脳会談について、米中関係の安定は国際社会にとっても極めて重要であるとの見解を示した。

松野官房長官は、今回の首脳会談では「米中の複雑な関係や、責任を持って競争関係を管理する重要性について議論が行われたと承知している」と指摘しつつ、それ以上の具体的なコメントはしないとの見解を示した。

その上で「米中関係の安定は国際社会にとっても極めて重要」としつつ、同盟国である米国との緊密な連携の下でさまざまな分野で協調していくと改めて述べた。

中国に対しても、大国としての責任を果たしていくよう働きかけていくとした。

一方、スーパーコンピューター「富岳」が、世界のスパコンランキングの4部門全てにおいて4期連続で1位になったことについて、松野官房長官は「大変喜ばしく、関係者の努力に敬意を表したい」と述べた。