1月6日に起きた米連邦議会襲撃で、「Qアノン・シャーマン」として知られたジェイコブ・チャンズリー被告(写真)に対し、首都ワシントンの連邦地裁は17日、禁固41月を言い渡した。同被告は角のついた毛皮の帽子を着用して注目を浴びていた。写真はアリゾナ州フェニックスで昨年11月撮影(2021年 ロイター/Cheney Orr)

「Qアノン・シャーマン」に禁固41月、議会襲撃事件で 米地裁

[ワシントン 17日 ロイター] - 1月6日に起きた米連邦議会襲撃で、「Qアノン・シャーマン」として知られたジェイコブ・チャンズリー被告(34)に対し、首都ワシントンの連邦地裁は17日、禁固41月を言い渡した。同被告は角のついた毛皮の帽子を着用して注目を浴びていた。

検察側の求刑は51月だった。

裁判を担当したランバース判事は先週、この暴動の最中に警官を殴った元総合格闘家にも同じ量刑判決を下していた。これは一連の訴追の中で最も厳しい判決となる。