英情報機関、中国工作員の議会浸透を警告 「統一戦線当局と連携」

2022/01/14
更新: 2022/01/14
コメント

英国の国内治安や情報収集を担う情報機関、情報局保安部(MI5)は13日、中国共産党の代理人が英政界に浸透し、「政治的な干渉」活動を行っていると議会に向けて異例の警告を発した。英BBCを含む複数のメディアが13日伝えた。

MI5は国会議員全員に宛てた書簡で、英国籍を持つ中国系女性弁護士、李貞駒(英語名:Christine Ching Kui Lee)氏は中国共産党中央統一戦線工作部(UFWD)と「密かに連携して活動」していると指摘した。

MI5当局は、李氏と結びつきを持つすべての議員は、同氏と中国政府の関係に「留意」すべきであり、英政界で「彼女は中国共産党のアジェンダを推進する任務を果たそうとしている」と警鐘を鳴らした。

また、当局は、UFWDは英国内で影響力のある人と繋がりを確立し、英国政治が中国共産党にとって有利になるよう働きかけているとの見解を示した。MI5は、李氏は今まで英国の各政党、国会議員らに政治資金を提供し、人脈を広げてきたとした。

BBCの報道では、李氏は労働党の国会議員、バリー・ガーディナー氏に対して、42万ポンド以上の政治資金を提供した。自由民主党のエド・デービー議員にも、過去5000ポンドの資金を寄付した。デービッド・キャメロン元首相を含めて、李氏は保守党の政治家とも良い関係を築いてきたという。

2019年1月、当時のメイ首相は、英中両国の友好関係に「貢献した」として、李氏に「ポインツ・オブ・ライト・アワード(Points of Light Award)」を授与した。

ガーディナー議員は報道を受けて、情報機関当局に対して李氏との繋がりを報告し、すべての政治献金を申告したと強調した。今後も、情報機関に協力すると示した。

BBCによると、英国のプリティ・パテル内務大臣は13日、「中国共産党のために政治的干渉活動を行う人物が国会議員を標的にした」ことを「強く懸念する」とし、英政府は「外国の干渉を特定する」ための措置を講じると述べた。

現時点で、英政府は李氏を拘束しておらず、国外追放もしていない。

李氏は、英ロンドンとバーミンガムで法律事務所を経営するほか、駐英中国大使館の首席法律顧問、中華全国帰国華僑連合会の特聘海外法律顧問を務め、政治活動団体「英国華人参政計画」を創設し、同団体の会長を担当してきた。

(翻訳編集・張哲)