中国、テドロスWHO事務局長の投稿を削除 ゼロコロナ批判後

2022/05/12
更新: 2022/05/12
コメント

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が10日、中共ウイルス(新型コロナ)の感染を徹底的に封じ込める中国の「ゼロコロナ」政策について、「持続可能とは思えない」と批判した。11日、中国のネット検閲当局は国内の各SNSプラットフォームに掲載されているテドロス氏の写真、講演、関連投稿を削除した。

テドロス事務局長は10日の記者会見で、中国政府に対し「別の戦略に移行することが非常に重要だ」と方針転換を呼び掛けた。

WHOが11日午前、中国版ツイッター、微博(ウェイボー)にテドロス氏の発言を投稿した後、一部の愛国主義者らはコメント欄で「打倒WHO」「WHOのアカウントを凍結せよ」などと書き込んだ。まもなく微博は検閲に乗り出した。

微博では、WHOの投稿が削除された上、同投稿を検索すれば「この内容は違法である」と表示された。テドロス氏の名前が付くハッシュタグは11日午前に使えなくなった。ただ、同氏の名前が含まれている投稿はまだ閲覧できる。

SNSの微信(ウィーチャット)も同日午前、WHOの公式アカウントが掲載したテドロス氏の発言に対して「関連法律法規に違反したためシェアを禁止する」との措置をとり、同氏の写真、講演動画を削除した。
 

張哲
張哲