「私たちは最後だ」ゼロコロナに反発の上海若者に共感続々「深い絶望感」

2022/05/19
更新: 2022/05/19
コメント

中国のインターネット上で最近、上海の警察官が男性市民を無理やり隔離施設に連行しようとする動画が話題となった。

5月11日に撮影されたこの動画では、男性市民は「接触の疑いがある者」を強制的に隔離することは違法であるとして、自宅隔離を要求している。白い防護服を着た警官が、「市政府の命令に従わなければ、処罰される。処罰の影響は一族三代に及ぶ」と男性を脅かした。

「私たちは最後の世代になる」と、男性は答えた。

この動画はネット上で拡散され、多くのネットユーザーの共感を呼んだ。「最後の世代」が人気検索ワードに上がった。

中国では都市を封鎖するなど「ゼロコロナ」政策を過激な手段で実施しているため、市民の不満が高まっている。

インターネットやSNSでは、上海の警察や防疫担当者が住民の家に押し入り、市民を殴って強制的に追い出したり、住民の部屋に大量の消毒液を撒いたりする映像が数多く出回っている。

上海の封鎖は3月末から続いている。医療サービスを受けられず死亡する人や、収入が絶たれ自殺する人、食料品不足で餓死する人など、多くの二次被害を生んでいる。

「私たちは最後の世代」という言葉は、暴政に蹂躙されている市民の胸中を代弁したと評された。

あるネットユーザーは、中国のSNS微博に「これは宣戦布告だ。我々はこの現状(暴政)に抹殺されるのか、または我々がこの現状に終止符を打つかのどちらかしかない」と投稿した。

人権派弁護士で華東政法大学法学院の元副教授である張雪忠氏はツイッターで、「男性の言葉から、深い絶望感が滲み出ている」と指摘した。「これは間違いなく、未来を奪われた若者のこの時代に対する最も強い非難である」と述べた。

文化大革命時、出身血統論に基づき、階級闘争が行われた。労働者階級の敵に分類されれば、子どもの進学、就職、結婚まで一生、不利な影響を受けることになる。

現在、当局の検閲により、動画と関連コメントは削除されている。

王君宜
王君宜